So-net無料ブログ作成
都立学校公開講座 ブログトップ

ステンド・グラス [都立学校公開講座]

久しぶりに、東京都教育委員会 公開講座を受けることになりました。

2倍の競争に勝ち、26人の一人に選ばれました。

平均年齢55才だそうです。

受ける講座は「ステンド・グラス」

s_PB290055.jpg

完成品 初心者用入門作品
鏡の周りをステンド・グラスで飾る

①ガラスのカット

型紙を作り、型紙どうり、色ガラスをカットする
カンタンそうだが、手こずる

ルーターで、形を調整する
(並べたときに、ピース間に隙間が無いように)

ns_a1_08_7_ru_kenma.jpg

ルーターで削る

②カッパテープをまく

切り出したガラス(ピース)に、銅テープをまく
これが、キチンと出来てないと、ハンダの幅が揃わない

ns_a_09_d_tapekansei.jpg

③ハンダ作業

ハンダを使い、ピースを止めていく

ns_a1_10_9e_ura3.jpg

完成は、12/5の講座で・・・・

いつも、ご覧いただきましてありがとうございます[わーい(嬉しい顔)]




都立学校公開講座-6 かばんを作ろう [都立学校公開講座]

都立学校公開講座-6 かばんを作ろう 最終日

10/16の最終日に熱を出し欠席のため、急遽11/19の

PTAの方達の講座の末席で教えていただくことになった。

① 裏地を貼ります。

001.JPG

② 木工ボンドで各パーツを組上げます。

007.JPG

③ 皮紐綴じの穴をあけます。

008.JPG

④ 皮紐で綴じていきます。

009.JPG

女性の方にモデルを依頼しました。

003.JPG

完成です。[手(チョキ)]

DSC03935.JPG

作品の例

015.JPG

 約20時間かけて、作り上げました。

その間に、愛着はひしひしと湧いてきました。

これからどこへ行くにも一緒です。

長い時間が青白い皮を飴色に染めてくれるでしょう。

そうしたら、ますます可愛いと思えてくるに違いありません。

満足のいく「かばん作り」でした。

次は、来年1/15から「ステンドグラス」の予定ですが

抽選ですから、どうなりますか・・・・・・・・

いつも、ご覧いただきましてありがとうございます。[わーい(嬉しい顔)]

変換を性格、おっと正確にしましょう。

トホホホ、お恥ずかしい限りです。

都立学校公開講座-5 かばんを作ろう [都立学校公開講座]

  都立学校公開講座-5 かばんを作ろう

10/9(二日め)

① レザーコートを塗ります。
  艶だしと表面保護をします。

② 本断ちをします。
  型紙をつくり、型紙を当てて、性格に切っていきます。

001.JPG

③ まち(横胴)と底を接着します。

001.JPG

裏に布地を貼りました。

思ったより、工程が多く、時間がかかっています。

10/16の最終日欠席をしましたので、先を進む友達に教えてもらって

出来ることを家で済ませ、11/19の別の講座に出席、完成をさせる予定です。

いつも、ご覧いただきましてありがとうございます。[わーい(嬉しい顔)]

都立学校公開講座-4  かばんを作ろう [都立学校公開講座]

随分時間が経過してしまいましたが、順にレポートします。

まづは、かばん作りを3回のシリーズで・・・・・ 

東京都では、学校開放事業として、

都立学校が有する人材・施設設備・教材等の教育機能を開放し、

都民に学習機会を提供する事業として、都立学校公開講座を実施しています。

今回は、青山高等学校の「かばんを作ろう」に参加しました。

DSC03883.JPG

今まで、紙・粘土・木・ガラス・鉄・銅・真鍮・アルミ・石などを材料に色々作ってきました。

今回の材料は革です。

2011.10.2.(初日) 

① レーザーカービング
   革に彫刻をします。立体感を出すためにカッティングとスタンピングをしていきます。
   革は、適宜水で湿らします。

レーザーカービンぐに使う道具

DSC03931.JPG

デザインを写し取ります。

DSC03889.JPG

DSC03894.JPG

製作途中です。

DSC03896.JPG

次回(10/9) 最終日(10/16)の三日間で終了です。

いつも、ご覧いただきましてありがとうございます。[わーい(嬉しい顔)]





都立学校公開講座-3 表札とデザインプレートを作ろう [都立学校公開講座]

都立学校公開講座-3 表札とデザインプレートを作ろう

大変遅くなってしまいました。

10/15 (最終日)の報告をします。

いよいよ、型に溶かしたアルミの湯を入れます。

800度位の電気炉でアルミを溶かします。

015.JPG

014.JPG

型にアルミの湯を注ぎ入れます。

片方の穴より湯が出てくれば、型に湯が一杯になっていることになります。
この熱い湯で、発泡スチロールがガス化してしまいます。



型から外し、ワイヤーブラシでこすれば出来上がりです。

031.JPG

002.JPG

型から外す時のドキドキ感とちょっとした感動がありました。

物作りの楽しさは、夢中になれることだといつも思います。

いつも、ご覧いただきましてありがとうございます。

都立学校公開講座-2 表札とデザインプレートを作ろう [都立学校公開講座]

  都立学校公開講座-2 表札とデザインプレートを作ろう

10/8 (二日目)

① 切り抜いた文字を

  型のベース(発泡スチロールの板)に貼ります。

012.JPG

② 型作り

枠に鋳物用の土を入れます。

002.JPG

発泡スチロールで作った型とアルミの湯を注ぐ穴型の棒を立てます。

011.JPG

鋳物用の土を入れ、固めます。

008.JPG

013.JPG

アルミの湯を注ぐ穴型の棒を抜きます。

018.JPG

型の準備完了です。

019.JPG

次回は、いよいよアルミの湯を型に注ぎます。

いつも、ご覧頂きましてありがとうございます。[わーい(嬉しい顔)]



都立学校公開講座-1   表札とデザインプレート製作 [都立学校公開講座]

 東京都では、学校開放事業として、

都立学校が有する人材・施設設備・教材等の教育機能を開放し、

都民に学習機会を提供する事業として、都立学校公開講座を実施しています。

今回は、葛西工業高等学校の「フルモールド法」による

表札とデザインプレート製作に参加しました。

鋳造は、大きいものでは釣鐘から小さいものはベーゴマを作る製法。

川口の鋳物工場の様子はTVで何度も見ているが、土(型砂)で作った型が、

湯(金属を溶かしたもの)を入れても壊れないほど堅いことに疑問があった。

2011.10.1.(初日) 

アルミによる鋳造で表札をつくる体験です。

■フルモールド鋳造法で作ります。

フルモールド鋳造法は『鋳型内の模型と溶湯を置換しながら

鋳物を製造する鋳造方法』と定義することが出来ます。

すなわち、鋳型内を消失性模型で満たした状態で、

この模型と溶湯を置き換えながら鋳造し、鋳物を作る方法です。

簡単にいうと、発泡スチールで型を作り、アルミの湯を注ぎます。

発泡スチールの型は、アルミの湯で溶けてしまうので、

木型のように抜くことなく成型ができるのが特徴です。

① 発泡スチールで型を作ります。
  発泡スチールの板に、印刷した名前を貼りつけます。

016.JPG

② カッターで文字を切り出します。

008.JPG

005.JPG

次回(10/8) 最終日(10/15)の三日間で終了です。

いつも、ご覧いただきましてありがとうございます。[わーい(嬉しい顔)]





都立学校公開講座 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。