So-net無料ブログ作成

チョコレートの誤解 [雑学]

もうすぐ、バレンタインデーですね。

ポリフェノールが含まれていることで、赤ワインと同様に注目されているのがチョコレート。

チョコレートにまつわる食べ過ぎの弊害として有名なものに鼻血と虫歯があるが、

これらは誤解なのである。

2101.jpg


食べ過ぎると鼻血が出る、と言われる。脂肪分を大量に摂取して、

血圧が上がって…というイメージ。

鼻の中の毛細血管は元々弱く、出血しやすい部分だが

チョコレートだけで鼻血が出るほど血圧が上がることはない。

医学的には根拠がない、という論文まであるという。

またチョコレートで虫歯になるという話。

糖分を大量に摂取すると虫歯になりそうだが、

チョコレートに含まれるカカオ成分は、

最近ミュータンレンサ菌よりも

虫歯の原因とされるソブリナス菌の活動を抑制する働きがあるとされる。

虫歯を予防するわけではないが、他のお菓子より虫歯になりにくいのである。

どちらの俗説も、昔王族のみが口に出来る珍品であったこと、

戦後日本でなかなか手に入らない高級嗜好品であったことから、

親が子供に食べさせないためについたウソが、ここまで一般化したものだという。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。